スパゲッティ・ボロネーゼ 『愛なきプロポーズ』

愛なきプロポーズ―愛へのステップ〈2〉
4596008825ヘレン ブルックス Helen Brooks 漆原 麗

ハーレクイン 2001-06
売り上げランキング : 646,673


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


<おはなし>
自動車事故で重症を負い、運転していた婚約者は死亡…。車椅子の生活にようやく別れを告げることができたものの、キャンディはいまだに心身の痛手から立ち直れていない。彼女は人生をやり直そうと決意し、カナダからイギリスにやって来た。叔父ザビエルの妻エシーが所有するコテージで、絵を描く仕事を再開するつもりだった。エシーは獣医仲間のクインにキャンディの世話を頼んでいた。だが、つらい体験のために心を閉ざしがちのキャンディは、なにかと気を遣うクインに対し、ぶっきらぼうな態度で応えてしまう。それでもクインの男性的な魅力は、キャンディにも強く伝わってきた。

こちらがザビエル&エシーのおはなし↓
誘惑のプログラム―愛へのステップ〈1〉
誘惑のプログラム―愛へのステップ〈1〉


「トーストよりましなものだって作れるわよ。スパゲッティ・ボロネーゼとかポークチョップとか」・・・さっそくソース作りにとりかかる。鍋に挽き肉、玉ねぎ、トマト、トマトピューレにワインとスープストックを入れてとろ火にかけ、ナツメグとシナモン、オレガノを少々加える。そこへクインがワインをもう一杯入れた。「これがぼく流のやり方さ」

本格イタリア料理パスタソース【ボロネーゼ】1人前×3パック

ボロネーゼについて
ボロネーゼの作り方
こちらのブログ見つけました。もうおいしそ〜なパスタレシピが一杯です。
ボロネーゼは「ラグーソース」(具材を細かく刻み煮込んだソース)からお入りください。


「男なんて大っ嫌い!」というヒロインと、「結婚はぼくの予定に入っていないから」というヒーロー。「嫌なことは忘れて友達になろう」というヒーローの提案で、ひとまずはじまりはじまり・・・。ところで、ヘレン作品のヒーローって、なんだかんだ言って立ち直り早いのよね。「女なんてもうたくさん!」って言っていながら、ヒロインにひとめぼれ、メロメロ系のなんと多いことか。

男の言葉を真に受け取ってはいけないよ・・・とは彼らのことを言うのだろうか。
posted by ハーレクイン図書館 at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | フード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ クロネコヤマトのブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。